ニュース

  • 2016年02月05日 | 08:00

社内SNS「Talknote」利用企業数20,000社を突破。 新機能「社外コミュニケーション」も新たにスタート

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http://talknote.com)の利用企業数が、20,000社を突破したことを発表いたします。

同時に、社外のTalknoteユーザーとコミュニケーションがとれる機能「社外コミュニケーション」を新たに実装いたしました。日毎にスピードの重要度が増すビジネス環境のなか、業務をより確実に、より早く、そして楽しく進められるビジネスツールを目指し、今後も継続的な改善及び新機能の開発を進めていきます。

20000社突破

■利用企業数
Talknoteは2011年6月にサービスを開始。2013年10月に利用企業数が10,000社を突破。その後もITリテラシーに依らず活用できるコミュニケーションツールとして、幅広い業種のお客様にご利用いただいてきました。 2014年8月には国内利用企業数No.1を獲得(シード・プランニング調べ)。その後も利用企業数を継続的に伸ばし、2015年12月末時点で利用企業数21,515社を突破いたしました。
社内コミュニケーションに利用される端末のデスクトップPCからスマートフォンやタブレットへの移行の兆しを捉え、スマートフォンからの利用登録導線やスマートフォンアプリの利便性の継続的な改善が、利用企業の拡大に繋がっていると考えています。

■新機能「社外コミュニケーション」について
これまでのTalknoteは、社内コミュニケーションに限定したサービスでしたが、「社外コミュニケーション」が実装されることで、Talknote利用者同士であれば、顧客や外部パートナーも含め社内外を問わず誰とでもコミュニケーションが可能となります。 取引先など社外の関係者へTalknoteの利用を促すことで、仕事でのコミュニケーションをTalknoteで完結することができ、複数のコミュニケーションツールを使い分ける必要がなくなります。そして、コミュニケーション負荷が軽減され、業務のスピードや確実性の向上が可能となります。

トークノートは、共通の価値観が浸透した「いい会社」をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーションを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続していきます。

[PDF] 社内SNS「Talknote」利用企業数20,000社を突破。 新機能「社外コミュニケーション」も新たにスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年01月19日 | 14:03

新しいWeb版デザインのメリット

2016年1月12日、TalknoteはWeb版デザインのリニューアルを行いました。

今回のデザイン変更によって、Talknoteは
「より見やすく」
「より見つけやすく」
「より使いやすく」
なりました。

1. より見やすくなりました

・旧デザインでは、左メニューにシャドウを多用し、また表示エリアを分けるために罫線も多用していました。その結果、全体としてゴチャゴチャとした印象になり、文字情報が目立ちにくくなっていました。新デザインでは、余計な罫線やシャドウをなくし、余白をとることで、文字情報が目立つようになりました。

新UI

 

・旧デザインでは、利用頻度が少ない『新しいグループを作成』(画像①)『会社の仲間を招待』(画像②)ボタンがトップ画面に大きく表示されていました。それらのボタンサイズを小さくしたり、プルダウンメニュー内に移動させることで、利用頻度の低かった情報を画面上から減らし、画面全体をスッキリとさせました。

画像①『新しいグループを作成』ボタンの位置・サイズ変更

画像2-「新しいグループを作成」

 

画像②『会社の仲間を招待』ボタンの位置変更

画像3-「会社の仲間を招待」

 

2. より見つけやすくなりました

・左メニューにスクロールバーを追加することで、最大20個までしか表示されなかった『グループ』『メッセージ』が全件表示されるようになり、見たいグループやメッセージを送りたい相手を探しやすくなりました

画像4-画面スクロール

 

・『タスク一覧』が期限毎に色分けされることで、その重要度を一目で分かるようになりました

画像5-「タスク色分け」

 

3.  より使いやすくなりました

・旧デザインにおいて、バラバラに配置されていた『グループ説明欄』『グループメンバー一覧表示』『グループ編集機能』を一箇所にまとめることで、グループ情報、グループメンバーの確認や編集を行いやすくなりました

画像6-「グループ説明」

画像7-「グループ全体説明」

 

・トップ画面になかった新規メッセージ作成ボタンを『メッセージ』の右隣に配置したことで、トップ画面からワンクリックで新規メッセージを作成できるようになりました

画像9-「メッセージ作成」

 

その他、変更点

・『未処理一覧』をプルダウンメニュー内に変更をしました(※『未処理一覧』については、業務上の利用頻度を考慮した結果、より最適な位置への変更を考えています)

画像8−「未処理」

 

これからも新機能リリースや機能改善を進めてまいります。
今後とも、トークノートをどうぞよろしくお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年12月02日 | 08:00

日経MJに『社内SNSで心の不調察知』という記事が掲載されました

20151202_日経MJ9面_トークノート掲載 (1)

2015年12月2日発行の日経MJにてトークノートが紹介されました。
ぜひ、ご覧ください‼︎
Talkonte無料でお試しはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年11月24日 | 08:00

社内SNS「Talknote」がビッグデータ解析を利用した新機能を追加。社員のコンディション変化を早期に発見し、ストレスチェックを補完

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http://talknote.com)の新機能として、社内SNSに蓄積されたビッグデータを解析する事で実現した「アクションリズム解析」の提供を開始いたします。本機能は、行動変化の背景には気持ちの変化が起こっているという前提に基づき、日々行われる社内SNSへのアクセス時間帯、投稿の量などの傾向をアクションリズムとして観測。メンタルヘルス不調や退職意向などに繋がる可能性のある気持ちの変化を早期に発見します。

社内SNSでの行動データから社員毎の標準的なアクションリズムを抽出。大きなリズムの崩れが一定期間継続したタイミングを変化の兆しと捉え、管理職や人事担当者など指定した任意の特定メンバーへ通知します。早期にフォローやヒアリングを実施することで、顕在化前の退職意向やメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが可能となります。

アクションリズムデモ画面
*注意が必要なメンバーが発見された場合、人事担当者や管理職など事前に指定した管理者にメッセージが届く

【背景】
厚生労働省が、50名以上の企業に対してストレスチェックを義務化するなど、増加するメンタルヘルス不調に対しての対応は重要度を増しています。更に、メンタルヘルス不調に限らず、退職意向に繋がるモチベーションや会社へのロイヤリティの低下といった社員の気持ちの変化は、組織の拡大にともない目が行き届かなくなることに加え、他人からは進行が見えにくい場合も多く、属人的なアプローチでは対応に限界があると考えています。

【開発の考え方】
そこで、人的なフォローとビッグデータ解析を利用したアプローチを組み合わせる事で、俗人的なアプローチだけでは対応しきれなかった課題が解決できると考えました。日々の社内コミュニケーションのインフラである社内SNSに蓄積される行動データをアクションリズムとして観測、解析することで、気持ちの変化の兆しが発見できるようになります。その変化の兆しに対して個別フォローを実施することで、メンタルヘルス不調や退職意向といった問題を、未然に防ぐことが可能になります。

「アクションリズム解析は、自宅の警備システムに近いイメージのものです。自分では目が届かない部分を、機械が常時監視してくれて、危険の兆しを知らせてくれる。心配だからといって、ずっと自分の目で見張っていることはできない。外出もするし、睡眠も取らないといけない。ただ、危険を察知した後、その危険に対処できるのは機械ではなく人です。機械と人が適切な役割分担で、大切な自宅を守っている。アクションリズム解析もこのようなものです。一社でも多くの企業にTalknoteを導入し、アクションリズム解析を活用して大切な社員を守っていただきたいと思っています」と弊社代表取締役、小池は語っています。

今後は、人工知能の利用も視野に入れ、アクションリズム解析をより価値ある機能へと進化させていきたいと考えています。そして、既存利用企業への提供価値の向上に努めるとともに、新規利用企業の拡大へ向け、アクションリズム解析の対象範囲を個人だけでなく組織単位へも広げ、組織の健康状態の診断への応用も含め検討・開発を進めていきます。

【アクションリズム解析 提供開始日】
11月25日より全利用企業に対して提供予定

【Talknoteサービス概要】
http://talknote.com/product

[PDF] 社内SNS「Talknote」がビッグデータ解析を利用した新機能を追加 社員のコンディション変化を早期に発見し、ストレスチェックを補完

このエントリーをはてなブックマークに追加