ニュース

  • 2014年09月25日 | 11:14

質問をしたいとき、仕事の邪魔になってしまわないかが気になり、
声をかけにくい事ってありませんか?『的確に返信!『サポート掲示板グループ』

先日、ブログにUPしました
トークノート社のTalknote活用動画!(実際に使っているグループ6つを公開!)の、
もっと詳しく編の第5弾!!!

ラストの今回は、相手の仕事を中断させずに、的確なサポート!
「サポート掲示板グループ」をご紹介します!

私は普段お客様から頂いたお問い合わせに回答をする、
サポート業務を担当しています。

トークノートのお問い合わせはトークノートの操作方法だけではなく、
不具合や、ご要望、こんな使い方出来ないか?などの活用法、
料金に関してなど様々です。

ご要望であれば、今後開発予定があるのか?や、
不具合に関しては「エンジニア」に確認が必要だったり、
使い方などの活用法は直接お客様に提案する機会が多い「セールス」に確認、
料金に関しては「総務」に確認が必要だったりと…

私だけの知識だけでは返信出来ず、他部署のご協力が必要なお問い合わせも多数ございます。

ですが、みんな自身の仕事をしているので、話しかけにくい、タイミングが分からない。。。。
と言った事がありました。

そこで、私はサポート掲示板のグループを作成し、頂いたお問い合わせを確認したい担当にメンションを付けて投稿し、回答を頂いてからお客様にご返信するようにしています。

みんなの仕事を中断させる事も無く、お問い合わせにも間違った回答を返信する事もなくなりますし、お問い合わせの内容の共有にも活用できています。

サポートとしてだけではなく、『なんかちょっと聞きにくい…』事は
トークノートを是非活用してみてください!

《無料登録はこちら》
社員も会社もハッピーに。いい会社をつくる社内SNS
 

《以前の活用法ブログはこちら》
初公開!トークノート社のTalknote活用画面!
トークノート社のTalknote活用画面!(グループ編)
トークノート社のTalknote活用画面!(リアルタイムで問題解決編)
トークノート社のTalknote活用動画!(実際に使っているグループ6つを公開!)
トークノート社のTalknote活用画面!(気持ちを込めた『おやつグループ』)
トークノート社のTalknote活用画面!(お客様のお褒めの声を共有する 『顧客からの絶賛グループ』)
トークノート社のTalknote活用画面!(エンジニア全員が参加する『Developers グループ』)
トークノート社のTalknote活用画面!(承認のスピードUP!『経費申請グループ』)

質問をしたいとき、仕事の邪魔になってしまわないかが気になり、
声をかけにくい事ってありませんか?『的確に返信!『サポート掲示板グループ』
|トークノート株式会社" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年09月24日 | 10:50

Zendeskとの共催セミナーを開催します


カスタマーサポートのクラウドサービスを提供している
株式会社Zendeskとの共催でセミナーを開催することとなりました。
セミナーのテーマは

「クラウドサービス活用で、顧客のウォンツの見える化!」

株式会社Zendeskは、米国サンフランシスコを本社拠点として、全世界140カ国以上において、
45,000を超える企業で活用されているカスタマーサービス支援ツールをZendesk運営しています。

トークノート社でも、Zendeskを以前から活用しており、ZendeskとTalknoteの両方を活用することで、
少人数で素早いカスタマーサポートが実現できています。
適切な対応で顧客満足を上げると共に、お客様から頂いた貴重なご意見を
今後の経営やサービスの品質向上に役立てるためのZendeskとTalknoteの活用方法をご案内致します。

イベントの概要
【日時】 10月14日(火) 16:30〜19:00 (16:00開場)
【場所】株式会社Zendesk セミナールーム
    東京都千代田区内神田1-15-2 神田オーシャンビル5F
【定員】40名(事前登録制)
【参加費】無料
【対象】経営層、経営企画やサポート部門の責任者の方
【共催】トークノート株式会社、株式会社Zendesk

定員となり次第、お申込を終了とさせて頂きますので、お早めにお申込下さい。

お申込はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年09月22日 | 11:37

最近、社員との距離が遠くなった。。。と感じていませんか?

創業当初は数人。誰が何をしているのかは一目瞭然。それが
次第に会社が大きくなり、10人・30人・50人と人数が増えたときに
誰が何をしているのかわかりずらくなってきた。そんな今、

『なんだか近くにいるのに遠いな…』 

  と感じることはありませんか?

でもこれは自分だけではなく、他の社員の方々も同じことを感じています。
お互いにそう思っているとどんどん距離は遠くなるばかり。
何かきっかけがあればこの距離は近くなるはずなのに…

経営層と現場間のコミュニケーションは多くの会社が抱える課題です。

社内のコミュニケーションは大きく分けて3つ。

 ①   ヨコ(部門間や職場内の同僚同士)のコミュニケーション

 ②   タテ(上司と部下)のコミュニケーション

 ③   全社的(経営層と現場)なコミュニケーション

これらを全て滞り無く行うことは非常に難しい。
そこで社内SNSのトークノート。

トークノートではタイムライン・グループ・メッセージの3つの機能があり、
全社的なコミュニケーションにはタイムラインが、
ヨコやタテのコミュニケーションにはグループが活用できます。
投稿に対していいね!やコメントをつけることで“ぐっ”と距離が近くなるはず。また、情報の蓄積もでき、
社内全体の一体感も生まれてきます。

そんなコミュニケーションの距離感を縮めるトークノート。
実際にご利用いただいてる株式会社ファクト様もトークノートをうまく活用し、会社を一体感や風通しのよい雰囲気にできているそう。

ぜひご覧ください!
ファクト様導入事例→事業部毎の情報をオープンにしたら会社が1つになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年09月18日 | 08:59

決裁スピードの遅さへの不満、口頭での承認で後々問題になったご経験はありませんか?
(承認のスピードUP!『経費申請グループ』)

先日、ブログにUPしました
トークノート社のTalknote活用動画!(実際に使っているグループ6つを公開!)の、
もっと詳しく編の第4弾!!!

今回は、承認のスピードUP!『経費申請グループ』をご紹介します!

今まで、会社の経費の申請の際、
稟議書が必要で意思決定まで時間がかかってしまったり、
急ぎの際に口頭承認してしまい、言った、言ってない。の問題になってしまう事もあるかと思います。

トークノート社では
・承認のスピード向上
・口頭承認解消によるガバナンスの強化
・経理側の事前経費把握

に『経費申請グループ』を活用しています。

このグループでは経費申請の際に必要項目を投稿し、
特定の人が「いいね!」を押す事によって、承認される。
といった使い方です。

『いいね!』じゃ軽すぎないか?
と思われる方も多いと思いますが、

このグループにはしっかりとルールが設けてあります。

①項目の記載

商品名(商品URL)
購入理由
購入金額
経費負担部

②いいね!する人(承認する人),
「諸経費申請グループ」で決裁出来るものを限定しルール化。

諸経費申諸経費申請で決裁されるものは下記になります。
■交際費・会議費・研修費
 ⇒決裁者:○○
■備品(5万円未満)
 ⇒決裁者:○○
■備品(5万円以上)
 ⇒決裁者:○○
■広告宣伝費(5万円未満)
 ⇒決裁者:所属長
 5万円以上は稟議書対応
■出張
 ⇒決裁者:所属長

こちらは弊社で、実際にルール化している一部内容です。
もちろん全てが『いいね!』だけで、承認が出来る訳ではありませんが、
会社の決済権限規定に基づいて会社経費の事前承認として活用しています。

しっかりとルール付けは大事になりますが、
承認スピードの向上、口頭承認解消によるガバナンスの強化、
経理側の事前経費把握に役立ちますので、是非活用してみてください!

《無料登録はこちら》
社員も会社もハッピーに。いい会社をつくる社内SNS
 

《以前の活用法ブログはこちら》
初公開!トークノート社のTalknote活用画面!
トークノート社のTalknote活用画面!(グループ編)
トークノート社のTalknote活用画面!(リアルタイムで問題解決編)
トークノート社のTalknote活用動画!(実際に使っているグループ6つを公開!)
トークノート社のTalknote活用画面!(気持ちを込めた『おやつグループ』)
トークノート社のTalknote活用画面!(お客様のお褒めの声を共有する 『顧客からの絶賛グループ』)
トークノート社のTalknote活用画面!(エンジニア全員が参加する『Developers グループ』)

決裁スピードの遅さへの不満、口頭での承認で後々問題になったご経験はありませんか?
(承認のスピードUP!『経費申請グループ』)
|トークノート株式会社" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年09月16日 | 12:32

日経情報ストラテジーにてトークノートが紹介されました!

8月29日発売の『日経情報ストラテジー』にてセーフセクションさんの事例で
トークノートが紹介されました!

“社内SNSで離職率が3分の1に”
介護業界という離職率が高い業界の中でたったの1年で3分の1にしたセーフセクションさん。
どのようにして離職率を減らすことができたのか?
雑誌でも記載していますが、せっかくなので今回のブログですこしお話します!

セーフセクションさんは老人ホームの運営、カフェの運営をされている介護・医療ベンチャー企業さんです。
皆さんもご存知のように、介護業界は24時間、365日営業なので社員が全員で顔をあわせることが難しい=コミュニケーションが非常にとりにくい業界です。

あって話すことが少ない分、他の業界よりもコミュニケーションをとらなければならないと考えた阿部社長はトークノートの導入。

トークノートを通じて社員同士がコミュニケーションをとっています。
たとえば、入居者さまの嬉しい声を共有したり、イベントの様子を投稿したり、育休中の投稿をしたりしています。なかなかあえなくても、すぐ近くにいる、相手のことがわかるそんな状態を作り出すことでコミュニケーションが活性化する。それこそが離職率を減らすポイントなのでしょう。
離職率が下がることで→社員の流動性がなくなる→業務への集中ができる→よいパフォーマンスをだせるようになる→褒められる→社員のモチベーションをあがる→もっと頑張る。そんなプラスの循環が作られていくのだと思います。

ともあれ、離職率に貢献できたことは嬉しいですね!
これからも“いい会社をつくる”ためサービス向上に努めていきます!
セーフセクションさん事例動画

このエントリーをはてなブックマークに追加