Talknote活用法

  • 2011年01月01日 | 00:21

Talknote活用法『お客様からの絶賛』グループ

お客様からの「感謝の言葉」や「喜びの言葉」を全社員へ共有できていますか?

お客様へ接する社員は一部であっても、お客様へのサービス提供には全社員が関わっているはずですので、全社員へ共有すべきではないでしょうか?

社員へ共有したら、社員のモチベーション向上につながらないでしょうか?

『お客様からの絶賛』グループがあれば、
お客様から頂戴した「感謝の言葉」や「喜びの言葉」を全社員へ手軽に共有できるようになります。

例えば、製造業であれば、お客様からこんな言葉をいただいたら製造チームのモチベーション向上につながりませんか?

21_お客様からの絶賛_01_新UI


例えば、小売業であれば、お客様からこんな言葉をいただいたらバイヤーのモチベーション向上につながりませんか?

21_お客様からの絶賛_02_新UI


お客様からの「感謝の言葉」は社員のモチベーションをアップさせる特別な力を持っていると思います。

ぜひ『お客様からの絶賛』グループを作成して、たくさんお客様からの「感謝の言葉」を共有してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:20

Talknote活用法『緊急連絡』グループ

大規模地震などの自然災害発生時における社員の安否確認方法は決まっていますか?

メールや電話だけで安否確認を行おうと考えている企業様、本当にメールや電話だけで迅速に安否確認が行えますか?


全社員参加の『緊急連絡』グループがあれば、緊急時、スムーズにお互いの安否を確認し合えます。

20_緊急連絡_01_新UI


緊急時はどの通信インフラが使用できるか分かりませんが、
上図のような必要最低限の投稿ルールを社員に共有するだけで、緊急時の連絡手段を一つ確立することが可能です。


緊急時の安否確認方法に不安のある企業様は、
Talknoteを安否確認手段の一つとして活用するのもいいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:19

Talknote活用法『勤怠連絡』グループ

欠勤、遅刻、早退など迅速に関係者に共有できていますか?

上長への報告だけで済ませていませんか?

また、店舗運営などされいてる企業様では、欠勤時などに迅速にヘルプ調整できていますか?


『勤怠連絡』グループを作って
勤怠連絡を行うようになれば、関係者への共有し忘れなどはなくなります。

19_勤怠連絡_01_新UI


その場で、ヘルプ調整なども行えますので、個別の調整などは必要なくなります。

19_勤怠連絡_02_新UI

『勤怠連絡』グループをつくって
関係者にタイムリーに共有できたら、個別に連絡や調整などが減ったりしないでしょうか?


ぜひ『勤怠連絡』グループをつくって運用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:18

Talknote活用法『業務報告』グループ

日報、週報、月報などはどのように運用されていますか?

タイムリーに報告を受けられる仕組みになっていますか?

せっかく報告してもらっても、その報告に対してタイムリーにレビューできていない状況ではありませんか?

報告書を記入するのが必要以上に負荷になっていませんか?

『業務報告』グループがあれば、
報告書記入の負荷を下げることが可能です。さらに、タイムリーに報告とレビューが行なえるようになり、双方向性が高まります。

報告する項目をテンプレート化してしまえば、スマートフォンからも入力ができるので、手軽に報告書を記入することができます。また、コメント欄を使って、簡単にレビューが行えます。

18_業務報告_01_新UI


部署・チーム内の報告業務を効率的に行いたい場合は、ぜひ『業務報告』グループを作成して、試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:17

Talknote活用法『予約システム連携』グループ

店舗運営などされいてる企業様では、予約情報を迅速に把握できていますか?

一部の人だけが把握しているだけで、スタッフへの共有が遅くなったりしていませんか?


『予約システム連携』グループがあれば、
お客様の予約申込情報をリアルタイムにTalknoteへ連携することができるので、情報共有が遅くなったりすることはありません。※連携の設定方法はこちら

17_予約システム連携_01_新UI

予約システム以外にも、何か他のシステム情報をリアルタイムに把握されたい場合は、簡単にTalknoteへ連携することが可能です。


ぜひ、リアルタイムに把握したいシステム情報をTalknoteへ連携してみてください。
※連携の設定方法はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:16

Talknote活用法『問い合せ対応』グループ

日々、自社Webサイトの問い合せページより様々な問い合せがあると思いますが、
迅速に対応できていますか?

担当者に回すことが遅くなったりすることはありませんか?


『問い合せ対応』グループを作って
ちょっと連携設定を行えば、以下のように問い合せ内容をリアルタイムにTalknoteへ連携することが可能です。※連携の設定方法はこちら

16_問い合せ対応_1_新UI



その場で問い合せの対応方針の協議、担当者のアサインを手軽に行えるようになるので、
迅速に対応することが可能になります。
16_問い合せ対応_2_新UI

『問い合せ対応』グループをつくって
その場で手軽に協議できるようになったら、迅速に対応できるようになりませんか?


ぜひ『問い合せ対応』グループをつくって運用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加