メディア掲載

  • 2016年03月09日 | 18:00

『マイナビニュース』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月9日の『マイナビニュース』の「元LINE 森川氏が社内SNSでも『スタンプ機能』を推した理由」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

  今回のスタイルスタンプは、企業が自社文化に合わせたスタンプを導入できるもので、元LINEのCEOでC Channel 代表取締役の森川 亮氏の提案によりサービス導入を決めた。

引用:マイナビニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月09日 | 18:00

『月刊総務オンライン』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月9日の『月刊総務オンライン』の「社内SNS「Talknote」にスタンプ機能が導入されたわけ」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

ビジネス専用の「Talknote」にスタンプ機能の導入を勧めた理由について「ビジネスに求められるのはスピードだと思う。スピードを早めるためにはスタンプは非常に有効。絵の中には情報量が多いですから、多くの情報を含めて簡単に早く伝えられることは強みだと思った」と説明。

引用:月刊総務オンライン

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月08日 | 18:00

『ケータイWatch』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月8日の『ケータイWatch』の「社内SNS「Talknote」にスタンプ機能、LINE元社長の森川氏がアドバイス」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

(LINE元社長の)森川亮氏に社外取締役へ就任してもらうと、すぐに『スタンプを導入したほうがいい』とアドバイスをもらった」と、その舞台裏を明かす。

引用:ケータイWatch

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月08日 | 18:00

マイナビニュースが運営する『IT Search+』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月8日の『IT Search+』の「【レポート】社内SNS「Talknote」、スタンプ機能追加を発表 – 森川氏とのトークセッションで明かされたスタンプへの熱い想い」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

「例えば、上司から叱責されるような文面が送られてきた場合、部下は『上司を怒らせたのではないか』、『嫌われたのではないか』といった不安感を抱くかもしれない。しかし、そこに1つ、スタンプを添えることでそうした不安が払拭される」(小池氏)

引用:IT Search+

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月08日 | 18:00

『CNET Japan』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月8日の『CNET Japan』の「トークノート、社内SNS「Talknote」に独自スタンプ機能を追加」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

感情を込めたコミュニケーションが可能になれば、テキストだけでは表現しきれなかった伝えたい内容のニュアンスまでを表現できるようになり、これまで以上に会って話しているようなコミュニケーションが可能になるとしている。

引用:CNET Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月08日 | 18:00

『ASCII.jp』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年3月8日の『ASCII.jp』の「トークノート、ビジネスチャットにスタンプ導入 元LINE森川氏が必要性を説く」という記事において、Talknoteの新機能でもある「スタンプ機能」が紹介されました。また、既存スタンプだけでなく、企業にあったスタンプも作成できます。

ビジネス専用の「Talknote」にスタンプ機能の導入を勧めた理由について「ビジネスに求められるのはスピードだと思う。スピードを早めるためにはスタンプは非常に有効。絵の中には情報量が多いですから、多くの情報を含めて簡単に早く伝えられることは強みだと思った」と説明。

引用:ASCII.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加