メディア掲載

  • 2017年04月25日 | 18:00

『TechCrunch Japan』にTalknoteの新機能が紹介されました。

2017年4月25日にリリースされた『TechCrunch Japan』の「社内SNS「Talknote」に新機能――定期的なタスクの自動生成、リマインドの自動化」という記事において、Talknoteの新機能である「Taskbot」が紹介されました。
Taskbotは、総務や経理といったバックオフィス系部門の生産性向上へ貢献するため、日次、週次や月次といった定期的に発生する業務の依頼、提出物回収のためのリマインドなどを自動化する機能です。組織拡大にともない増大するバックオフィス系業務の効率化、抜け漏れの防止が可能になります。

SlackやChatWorkなどと同類のサービスに括られるが、それらと比較したTalknoteの特徴は、非エンジニア職のユーザーにも受け入れられやすいシンプルなデザイン(LINEでもお馴染みのスタンプも使えたりする)や、2017年1月にリリースした「オーバーワーク検知」機能など、単なるコミュニケーション機能だけではなく、組織の健康管理機能まで備えていることなどが挙げられる。

引用:TechCrunch Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年04月25日 | 18:00

『CNET Japan』にTalknoteの新機能が紹介されました。

2017年4月25日にリリースされた『CNET Japan』の「社内SNS「Talknote」に定型業務を自動化する「Taskbot」を追加」という記事において、Talknoteの新機能である「Taskbot」が紹介されました。
Taskbotは、総務や経理といったバックオフィス系部門の生産性向上へ貢献するため、日次、週次や月次といった定期的に発生する業務の依頼、提出物回収のためのリマインドなどを自動化する機能です。組織拡大にともない増大するバックオフィス系業務の効率化、抜け漏れの防止が可能になります。

この機能は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)としての継続的な改善も視野に入れた、業務の生産性向上に貢献することを目的として実装されたもの。今回は、バックオフィス系部門で発生する日次、週次や月次といった定期的に発生する業務の依頼、提出物回収のためのリマインドなどを自動化している。

引用:CNET Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年04月25日 | 08:00

『日経産業新聞』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2017年4月25日の『日経産業新聞』の「定型業務自動で依頼 」という記事において、Talknoteの新機能である「Taskbot」が紹介されました。
Taskbotは、総務や経理といったバックオフィス系部門の生産性向上へ貢献するため、日次、週次や月次といった定期的に発生する業務の依頼、提出物回収のためのリマインドなどを自動化する機能です。組織拡大にともない増大するバックオフィス系業務の効率化、抜け漏れの防止が可能になります。

将来は人工知能(AI)の活用も視野に入れる。業務の完了状況などAIが分析し、いつも提出が遅れる従業員を割り出し、注意を促すタイミングを従業員ごとに変えられるようにする。

引用:日経産業新聞(2017.4.25 朝刊)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年04月17日 | 08:00

『日経コミュニケーション』にてTalknoteが紹介されました。

2017年4月1日にリリースされた『日経コミュニケーション』の特集「組織・業務・事業を変えるチャット・ファースト」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、昨年から提供を開始した人事課題を解消するHR機能について書かれています。

Talknoteもチャット分析を通じた人事施策の支援に力を入れている。投稿量の分析のほか、投稿時間に着目して過多な残業時間や勤務の間隔が短すぎる荷重労働を人事部に警告する機能の提供を2016年に初めた。

引用:日経コミュニケーション(2017.4.1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年03月02日 | 12:00

日経BP社が運営する『ITpro』にTalknoteご利用企業のトリドール様がご紹介されました。

2017年3月2日にリリースされた『ITpro』の「グダグダ会議撲滅法ー集まらなくても大丈夫、丸亀製麺流SNS会議」という記事において、ご利用企業であるトリドールホールディングス様のTalknote活用事例が紹介されました。

 バーチャル会議では、メンバーとの接点がSNSに限られるため、メンバーが「見ていなかった」「何をすればいいか分からなかった」という状態になるとたちまち形骸化してしまう。そこで最初に、プロジェクト運営がSNS上で行われていくことを宣言し、常に確認し依頼に対応するよう促しておくというわけだ。

引用:ITpro

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年02月01日 | 08:00

『ITmedia ビジネスオンライン』にて、Talknoteご利用企業のトリドール様がご紹介されました。

2017年2月1日の『ITmedia ビジネスオンライン』の「「失敗は恐れない」――社内改革を成し遂げるためのトリドール・石川暁氏の信念とは?」という記事において、ご利用企業であるトリドールホールディングスの石川様がTalknoteについてお話しして下さいました。
株式会社トリドールホールディングスはセルフうどんの「丸亀製麺」を中心に、焼き鳥ファミリーダイニング「とりどーる」、焼きそば専門店「長田本庄軒」等、国内で約800店舗の飲食店を展開しています。

 社内SNSの具体的な成果については、メール作業に関する時間が大幅に削減した。全社で見ると概算で月に2500時間に上るという。加えて、コミュニケーションのリアルタイム性、迅速性が増したことなどによって、わざわざ関係者全員が集まるような会議の数も少なくなった。

引用:ITmedia ビジネスオンライン

このエントリーをはてなブックマークに追加