メディア掲載

  • 2016年11月25日 | 18:00

『日本経済新聞』にてTalknoteが紹介されました。

2016年11月25日の『日本経済新聞』の「SNSとイイ関係 育む」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

「事務的な連絡をSNSで行うことで、生徒は膝をつき合わせたときに、より密度の濃い会話ができるようになるはずだ」と期待を込めている。

引用:日本経済新聞(2016.11.25 夕刊)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年11月24日 | 08:00

『CNET Japan』にTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年11月24日にリリースされた『CNET Japan』の「社内SNS「Talknote」、組織力を高める新機能を識学と共同開発」という記事において、Talknoteの新機能である「利用ワードモニタリング」と「コミュ二ケーションラインモニタリング」が紹介されました。これらの機能は、組織コンサルティング会社である株式会社 識学との共同して開発されました。

コミュニケーションラインモニタリングは、誰と誰がどの程度コミュニケーションしているのかがわかる機能。上司と部下、同じ部門内のメンバー同士や仕事で関係のある他部門のメンバーなど、担当業務、職位や職種に応じて必要な人とコミュニケーションを取れているかが定量情報として可視化され、改善のアプローチが可能になる。

引用:CNET Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年11月24日 | 08:00

『日経産業新聞』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年11月24日の『日経産業新聞』の「社内SNSの投稿検索 トークノート 組織コンサルと開発」という記事において、Talknoteの新機能である「利用ワードモニタリング」と「コミュニケーションラインモニタリング」が紹介されました。利用ワードモニタリングは指定したキーワードが使われている投稿やメッセージを抽出できる機能で、コミュニケーションラインモニタリング機能は誰と誰がどの程度コミュニケーションをとっているのかがわかる機能です。これら機能を活用することで、経営理念、行動規範や戦略の実行力を高めることが期待されます。

指定したキーワードを含む投稿を抽出できるほか、誰が誰とどのくらいやり取りをしているのかなどが、ひと目で分かる。社内SNSをコミュニケーションだけでなく、人材配置や組織管理に幅広く使ってもらう考え。

引用:日経産業新聞(2016.11.24)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年11月01日 | 08:00

『アポロニア21』にてTalknoteが紹介されました。

2016年11月に発刊された『アポロニア21』の「歯科医院での社内SNSの使い方」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である医療法人社団誠敬会様のTalknote活用法が記載されています。

社内SNSは、分院展開するような大型法人はもとより、スタッフのシフトによって全員のコミュニケーションを把握しにくい医療現場では有効な情報ツールといえるでしょう。

引用:アポロニア21 11月号(2016.11.1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年10月31日 | 08:00

『日経ビジネス』にてTalknoteが紹介されました。

2016年10月31日に発刊された『日経ビジネス』の「クラウド、AIで人材管理 人事をIT化「HRtech」」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、Talknoteの機能である「アクションリズム解析」について書かれています。

仕事上の悩みを打ち明けられずに抱え込んでしまう社員は多いが、上司が部下のささいな変化を捉えるのは難しい。「社内SNSでの振る舞いをモニターし、その変化を把握できれば、上司がフォローに回って話を聞ける。問題解決を手助けできるだろう」と小池代表は期待する。

引用:日経ビジネス(2016.10.31)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年10月29日 | 08:00

『朝日新聞』にてTalknoteが紹介されました。

2016年10月29日の『朝日新聞』の「ルールを守り、SNSフル活用」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

生徒たちは、ルールさえ守れば、iPadを自宅に持ち帰り、自由にSNSをすることも許されている。ルールは、クラス、学年、部活など、どのグループにも必ず教師を1人いれること。クラスのSNSは授業内容や宿題、趣味も話題にのぼる。「雑談からテスト範囲までやりとりできるし、友達の興味もわかって刺激を受ける」と中1の女子生徒はいう。

引用:朝日新聞(2016.10.29)

このエントリーをはてなブックマークに追加