プレスリリース

  • 2016年04月26日 | 08:00

社内SNS「Talknote」、シェア機能を提供開始。 〜日経ビジネスオンラインの経営・経済情報をワンクリックで社内に共有〜

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(https://talknote.com/)に外部のWebサイトの情報をワンクリックで共有できるシェア機能を、4月26日(火)より提供開始いたします。また同時に、国内最大の会員基盤をもつ経営・経済誌サイト「日経ビジネスオンライン」と連携し、日経ビジネスオンラインの記事内にある「トークノートボタン」をクリックするだけで、社内に情報共有ができるようになります。必要な情報を簡単に、スピーディーに社内共有できるようになるため、利用企業の事業スピードや品質の向上、サービス展開の支えになると考えています。

日経ビジネス連携①

【背景】
ビジネスを円滑に進めていくには、社員の情報格差をなくし、同じ情報を共有することが大切だと当社は考えてきました。また、Talknote導入企業から、あらゆるニュースや情報を社内で手間なく共有したいという要望を受けて、このたび新機能を開発しました。

【シェア機能】
シェア機能は、外部のWebサイトにあるニュースや情報をWebサイト上に設置されたボタンをクリックするだけで「Talknote」のタイムラインや指定のグループに共有することができる機能です。

日経ビジネス連携②

日経ビジネス連携③

【日経ビジネスオンラインとの連携】
あらゆる業種・業界の企業のビジネスコミュニケーションで利用されている「Talknote」では、幅広い経営・経済のニュース・情報を共有するニーズがありました。経営・経済誌サイトでは、国内最大の200万人を超える登録会員をもつ日経ビジネスオンラインと連携することで利用企業のビジネスコミュニケーションの活性化をはかることができると考えています。

〈日経ビジネスオンライン、池田信太朗編集長のコメント〉
日経ビジネスオンラインは、4月26日にリニューアルを実施しました。むやみにページビューを追うのではなく、経済・経営誌サイトとして国内最大規模の200万人を超える会員の「満足度」を最大化することを狙いとしていま す。 メールに代わる先進的な情報共有のツール「Talknote」がターゲットとする、生産性向上に熱心で新しいツール導入に積極的な企業内ユーザー像は、日経ビジネスオンラインがターゲットとする、新しく確かな経済・経営情報を求めてビジネスに生かす読者像、会員像と重なります。 フェイスブックやツイッターに期待するのはサイトへの流入の「量」ですが、今回の連携に期待するのは、会員の皆様とより深いエンゲージメントを結ぶことで、読者体験の「質」を向上させることです。

〈トークノート株式会社 代表取締役 小池コメント〉
サービスリリース当初より、Talknoteを活用して市場動向、競合の動きや実務のヒントなどの記事やニュースを 簡単に共有できるようにしたいと考えていました。2014年に社内SNSとして利用企業数No1となり(シード・プランニング調べ)、更に2015年12月に利用企業数が20,000社を突破したことを機に、本機能の開発に踏み切りました。 今回の国内最大の会員基盤をもつ経営・経済誌サイト「日経ビジネスオンライン」との連携によって、規模や業種を問わず全ての利用企業が求める情報に対応することができるようになります。日々の業務に関係する情報の共有が活発に行われれば、生産性の向上や組織力の強化に繋がると考えています。

【今後に関して】
今後も他のWebサイトとの連携を積極的に進めることで、「Talknote」利用企業のビジネスコミュニケーションが円滑になるよう努めていきます。さらに、トークノートは、共通の価値観が浸透した「いい会社」をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーションを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続していきます。

■日経ビジネスオンラインに関して
「日経ビジネスオンライン」は経済・経営に関する旬の情報をお届けする会員制(無料登録)サイトです。経営・経済誌サイトとしては国内最大の200万人を超える登録会員を抱え、国内外の「日経ビジネス」専属記者や気鋭の外部寄稿者が執筆するコラムを日替わりで配信しています。

[PDF]社内SNS「Talknote」、シェア機能を提供開始。 〜日経ビジネスオンラインの経営・経済情報をワンクリックで社内に共有〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年04月18日 | 15:12

社内SNS「Talknote」安否確認・緊急連絡用として 熊本に本社を構える企業へ無償提供

2016年4月14日、熊本中心に発生した地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、熊本中心に発生した地震を受け、当社が提供する社内SNS「Talknote」(http://talknote.com) を熊本に本社を構える企業、学校法人、団体を対象に無償で提供いたします。
皆様の安全と1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

震災プレスリリース

【概要】
社内SNSであるTalknoteは、日々のビジネスコミュニケーションだけでなく、緊急時の社員の安否確認、緊急連絡用のツールとしても利用することができます。
この度、既にTalknoteを利用している企業には4月・5月分の費用を免除し、新規にTalknoteを利用される企業は、支援プランで無償提供いたします。

【支援プラン】
登録人数:無制限
投稿数:無制限
データの保存期間:無制限
1ファイルあたりのアップロード容量:20MB
ストレージ容量:1GB/1社
グループ数上限:5個まで
投稿検索範囲:過去1000件まで

【対象期間】
4月18日〜5月31日

【対象企業様】
熊本に本社を構える企業、学校法人、団体

【申し込み窓口】
電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
電話:03-5410-1580
問い合わせフォーム https://talknote.zendesk.com/hc/ja/requests/new

[PDF] 社内SNS「Talknote」、安否確認・緊急連絡用として 熊本に本社を構える企業へ無償提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年03月07日 | 19:00

社内SNS「Talknote」、利用企業ごとの独自スタンプが使用可能に 会社の理念、社内用語を反映した「スタイルスタンプ」を提供開始

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http://talknote.com) へ、利用企業ごとの独自スタンプの使用も可能にした、スタンプ機能を追加いたしました。 スタンプにより感情を込めたコミュニケーションが可能になれば、テキストだけでは表現しきれなかった、伝えたい内容のニュアンスまで表現することができるようになり、これまで以上に会って話しているようなコミュニケーションが可能になります。社内コミュニケーションに使われる言葉は、企業ごとの理念、行動指針が反映されたものや、社内用語が多いため、独自スタンプの使用ニーズは大きいと考えています。 また、独自スタンプの制作ノウハウを持たない企業に対して、トークノートが持つ社内コミュニケーション活性化や企業の価値観の浸透に関する知見とスタンプ制作ノウハウを活かして「スタイルスタンプ」の制作をいたします。スタイルスタンプでのコミュニケーションが活発に行われることで、社員の会社への帰属意識の高まりや、全社の一体感醸成などの効果が期待されます。

スタンプ画像6

【背景】
従来から、非対面のテキストでのコミュニケーションが相手に誤解を与えてしまいやすいことは、多くのビジネス パーソンの悩みのタネになってきました。特に上司から部下へのコミュニケーションでは、参考程度に伝えたつもりが意図に反して指示・命令として受け止められてしまう、軽い気持ちで伝えたアドバイスが過度に厳しく受け止められてしまうといった場面が散見されてきました。今後、同一企業内でのワークスタイルや価値観の多様化が進むにしたがって、時間、場所や個人の持つ価値観に左右されず、適切なコミュニケーションをとっていくことの難易度は、更に上がっていきます。この様なビジネスシーンで起こるコミュニケーション上の課題を、日常生活のコミュニケーションへ定着したスタンプを応用することで解消できるのではないかと考えました。

【スタンプ機能】
犬、鳥やアザラシなど動物のスタンプ1セット40種類で合計200種類が全ての利用企業で使用可能となります。「了解しました」「承認」など、仕事での使用頻度の高い言葉が中心で、ポーズや表情のバリエーションによって、 豊かな感情表現を可能にします。

スタンプ②

【スタイルスタンプの制作】
スタイルスタンプとは、トークノートが社内コミュニケーションに関する知見と、スタンプ作成ノウハウを活かし、 会社の理念、行動指針や社内用語をはじめとした会社独自のスタイルや言葉、社長や名物社員の口癖や振る舞いを スタンプにし、より楽しく、効率的にコミュニケーションのとれる風土を醸成することで、共通の価値観浸透をサポートするものです。2016年3月8日から、40個1セットで40万円、80個2セットで70万円、3セット120個で100万円から提供します。

スタンプ③

【独自スタンプ事例】
■トークノート
トークノートの特定の社員をイメージしたスタイルスタンプを制作。日々の業務での実際の発言、動きや表情をモチーフにしています。

スタンプ④

■株式会社リラク様
リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku」(http://www.reraku.co.jp/)を運営する株式会社リラク様でも、独自スタンプを利用していただく予定です。
「社内で生まれ、社員に親しまれているキャラクターをスタンプに使用することで、社内コミュニケーションをよ り一層盛り上げてくれることを期待しています」(株式会社リラク 広報 好岡様)

スタンプ⑤

【今後に関して】
これからも、企業が抱える人や組織に関する課題を、ビジネスコミュニケーションの在り方を変えていくことで、 解決していきます。楽しいことはより楽しく、嬉しいことはより嬉しく伝わるだけでなく、厳しいことを柔らかく、 受け手にとって受け入れやすく伝える仕組みを提供することで、ビジネスコミュニケーションの楽しさ、効率性を高められるようサービスに磨きをかけていきます。

トークノートは、共通の価値観が浸透した「いい会社」をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーショ ンを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続していきます。

[PDF] 社内SNS「Talknote」、利用企業ごとの独自スタンプが使用可能に 会社の理念、社内用語を反映した「スタイルスタンプ」を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年02月05日 | 08:00

社内SNS「Talknote」利用企業数20,000社を突破。 新機能「社外コミュニケーション」も新たにスタート

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http://talknote.com)の利用企業数が、20,000社を突破したことを発表いたします。

同時に、社外のTalknoteユーザーとコミュニケーションがとれる機能「社外コミュニケーション」を新たに実装いたしました。日毎にスピードの重要度が増すビジネス環境のなか、業務をより確実に、より早く、そして楽しく進められるビジネスツールを目指し、今後も継続的な改善及び新機能の開発を進めていきます。

20000社突破

■利用企業数
Talknoteは2011年6月にサービスを開始。2013年10月に利用企業数が10,000社を突破。その後もITリテラシーに依らず活用できるコミュニケーションツールとして、幅広い業種のお客様にご利用いただいてきました。 2014年8月には国内利用企業数No.1を獲得(シード・プランニング調べ)。その後も利用企業数を継続的に伸ばし、2015年12月末時点で利用企業数21,515社を突破いたしました。
社内コミュニケーションに利用される端末のデスクトップPCからスマートフォンやタブレットへの移行の兆しを捉え、スマートフォンからの利用登録導線やスマートフォンアプリの利便性の継続的な改善が、利用企業の拡大に繋がっていると考えています。

■新機能「社外コミュニケーション」について
これまでのTalknoteは、社内コミュニケーションに限定したサービスでしたが、「社外コミュニケーション」が実装されることで、Talknote利用者同士であれば、顧客や外部パートナーも含め社内外を問わず誰とでもコミュニケーションが可能となります。 取引先など社外の関係者へTalknoteの利用を促すことで、仕事でのコミュニケーションをTalknoteで完結することができ、複数のコミュニケーションツールを使い分ける必要がなくなります。そして、コミュニケーション負荷が軽減され、業務のスピードや確実性の向上が可能となります。

トークノートは、共通の価値観が浸透した「いい会社」をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーションを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続していきます。

[PDF] 社内SNS「Talknote」利用企業数20,000社を突破。 新機能「社外コミュニケーション」も新たにスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年11月24日 | 08:00

社内SNS「Talknote」がビッグデータ解析を利用した新機能を追加。社員のコンディション変化を早期に発見し、ストレスチェックを補完

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http://talknote.com)の新機能として、社内SNSに蓄積されたビッグデータを解析する事で実現した「アクションリズム解析」の提供を開始いたします。本機能は、行動変化の背景には気持ちの変化が起こっているという前提に基づき、日々行われる社内SNSへのアクセス時間帯、投稿の量などの傾向をアクションリズムとして観測。メンタルヘルス不調や退職意向などに繋がる可能性のある気持ちの変化を早期に発見します。

社内SNSでの行動データから社員毎の標準的なアクションリズムを抽出。大きなリズムの崩れが一定期間継続したタイミングを変化の兆しと捉え、管理職や人事担当者など指定した任意の特定メンバーへ通知します。早期にフォローやヒアリングを実施することで、顕在化前の退職意向やメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが可能となります。

アクションリズムデモ画面
*注意が必要なメンバーが発見された場合、人事担当者や管理職など事前に指定した管理者にメッセージが届く

【背景】
厚生労働省が、50名以上の企業に対してストレスチェックを義務化するなど、増加するメンタルヘルス不調に対しての対応は重要度を増しています。更に、メンタルヘルス不調に限らず、退職意向に繋がるモチベーションや会社へのロイヤリティの低下といった社員の気持ちの変化は、組織の拡大にともない目が行き届かなくなることに加え、他人からは進行が見えにくい場合も多く、属人的なアプローチでは対応に限界があると考えています。

【開発の考え方】
そこで、人的なフォローとビッグデータ解析を利用したアプローチを組み合わせる事で、俗人的なアプローチだけでは対応しきれなかった課題が解決できると考えました。日々の社内コミュニケーションのインフラである社内SNSに蓄積される行動データをアクションリズムとして観測、解析することで、気持ちの変化の兆しが発見できるようになります。その変化の兆しに対して個別フォローを実施することで、メンタルヘルス不調や退職意向といった問題を、未然に防ぐことが可能になります。

「アクションリズム解析は、自宅の警備システムに近いイメージのものです。自分では目が届かない部分を、機械が常時監視してくれて、危険の兆しを知らせてくれる。心配だからといって、ずっと自分の目で見張っていることはできない。外出もするし、睡眠も取らないといけない。ただ、危険を察知した後、その危険に対処できるのは機械ではなく人です。機械と人が適切な役割分担で、大切な自宅を守っている。アクションリズム解析もこのようなものです。一社でも多くの企業にTalknoteを導入し、アクションリズム解析を活用して大切な社員を守っていただきたいと思っています」と弊社代表取締役、小池は語っています。

今後は、人工知能の利用も視野に入れ、アクションリズム解析をより価値ある機能へと進化させていきたいと考えています。そして、既存利用企業への提供価値の向上に努めるとともに、新規利用企業の拡大へ向け、アクションリズム解析の対象範囲を個人だけでなく組織単位へも広げ、組織の健康状態の診断への応用も含め検討・開発を進めていきます。

【アクションリズム解析 提供開始日】
11月25日より全利用企業に対して提供予定

【Talknoteサービス概要】
http://talknote.com/product

[PDF] 社内SNS「Talknote」がビッグデータ解析を利用した新機能を追加 社員のコンディション変化を早期に発見し、ストレスチェックを補完

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年10月01日 | 08:00

美容系ポータルメディア『BeautyPark』を運営するオーエスが内定者のフォロー体制強化のため、社内SNS「Talknote」を導入

トークノート株式会社(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 小池 温男、以下トークノート)は、美容系ポータルメディア『BeautyPark』(http://www.beauty-park.jp)を運営する株式会社オーエス(本社:東京都豊島区、代表 取締役:関口俊徳、以下オーエス)が、この度内定者フォローの一環として社内コミュニケーションツール 「Talknote」(http://talknote.com/)を導入したことを発表いたします。

                    オーエス様ロゴ

【導入の背景】
オーエスでは、内定者と人事の相互理解を深めたいという目的で「フォローコール」を実施、毎月1度人事から内定者への電話によるフォローを行ってきました。このようなフォローを実施してきたことで、例年内定辞退者は、ほぼ発生していませんでした。
しかしながら、2016新卒採用においては、就職活動のスタート時期が後倒しとなることで採用活動が例年以上に激化することが想定されます。また、就活生に対して内定と引き換えに他社の選考を止めるように迫る「オワハラ」 が社会問題化している昨今、慎重なコミュニケーションが求められるように時代が変化してきました。このような 状況を踏まえ、オーエスでは、電話以外で内定者にきめ細やかにフォローすることができるコミュニケーションツー ルの導入を検討し、Talknoteの導入を決定しました。

【Talknoteを選んだ理由】
従来の電話によるフォローでは、内定者にオワハラと受け取られかねない表現を無意識に使ってしまうリスクがあります。一方、Talknoteは文字を介したコミュニケーションのため、人事部門担当者が発言内容を事前に精査した上で内定者に意思伝達できる点が大きな魅力です。さらに発言ログが正確に残るため人事部門担当者が内定者の心境の変遷などを辿ることができるので、内定者の心境に合わせたきめ細かなフォローができます。さらに、内定者の年齢層はデジタルネイティブ層であるため、電話よりもSNSツールを活用したコミュニケーションに慣れているという点も大きな導入要因です。

【期待される効果】
Talknoteを導入することで、従来の電話によるフォロー手法では知ることができなかった内定者の心境の変化を、常時汲み取ることができるようになり、内定者一人一人に合わせた手厚いフォローが可能になると考えています。また、Talknote上で会社の情報を共有することで、内定者はTalknoteを閲覧するだけで企業情報を深く理解できるようになります。入社までの期間に、内定者と採用担当者の相互理解が深まることで、入社後のミスマッチを防ぎ、入社後もなるべく早い段階で戦力となってくれると考えています。

トークノートは、共通の価値観が浸透した「いい会社」をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーションを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続してまいります。

【トークノート株式会社】
社内コミュニケーションツール「Talknote」を提供しています。2011年にサービスをリリースし、現在では、 KDDI、エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、15,000社以上の企業様にご利用いただいています。 2014年には、株式会社シード・プランニングの調査により社内SNS利用企業数No.1を獲得いたしました。

【株式会社オーエス】
BeautyParkを始めとした業態向けのポータルサイト構築、運営、WEBサイト制作、インターネット広告関連等 の事業を手掛けています。

<株式会社オーエス会社概要>
会社名 : 株式会社オーエス
代表者 : 代表取締役 関口 俊徳
所在地 : 東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル8F
URL : http://oscorporation.com/
設立 : 2003年12月
資本金 : 98,000,000円 (2012年12月1日現在)

[PDF] 美容系ポータルメディア『BeautyPark』を運営するオーエスが 内定者のフォロー体制強化のため、社内SNS『Talknote』を導入

Talknoteの無料お試しはこちらからご登録ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加