お知らせ

  • 2014年11月26日 | 17:24

プライバシーマークを取得いたしました

トークノート株式会社は、2014年10月31日付で財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より
プライバシーマーク(Pマーク)を取得いたしました。

「プライバシーマーク」とは、日本工業規格JISQ 15001「個人情報保護に関するコンプライアンス・
プログラムの要求事項」に適合し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者に
対し、財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)が付与するマークです。

今回のプライバシーマーク取得により、当社の個人情報保護への取組みが「JISQ 15001個人情報保護
マネジメントシステム―要求事項」にて 定められた要求水準を満たしている事が認定されました。

弊社は今後とも、プライバシーマーク認定事業者として、個人情報の重要性を認識し、
その適切な管理・運営を徹底してまいります。

■認定概要
【登録日】2014年10月31日
【有効期限】2014年11月17日〜2016年11月16日
【登録番号】第21000926(01)号
【認定機関】一般財団法人 日本情報経済社会推進協会

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014年02月24日 | 18:49

第1段 トークノート導入ビデオ

こんにちは、久しぶりのブログ更新です!

ただいまトークノートでは、トークノートを導入したことでコミュニケーションが良くなった!
と言っていただいた企業様にご協力いただき、導入ビデオを製作しています。

第一弾として、都内を中心にイタリアンレストランを5店舗運営している
Gaston&Gaspar COO 伊藤ミナ子様に出演していただきました♪

Talknote導入事例「ガストン&ギャスパー」


 
出演いただいた伊藤ミナ子さんは、こちらのお店以外にも数々の飲食店をプロデュースされていて、
本なども執筆されているとても素敵な女性です。

ビデオ内のインタビューに答える姿も女優さんのよう!
おかげさまでかっこいいビデオに仕上がりました。

ガストン&ギャスパーの伊藤様、みなさま、ありがとうございました!!
 
 
第2段以降のビデオも現在撮影中です。
完成しましたら、またブログでおしらせします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年07月31日 | 08:38

Talknoteが目指すもの

Talknoteは多くの情報を共有することで、
「共通の価値観が浸透したいい会社をつくる」ことを実現するためのサービスです。

社内コミュニケーションは、
言うまでもなく会社にとってもっとも大切なもののひとつ。

コミュニケーションがうまくいかない状態で
「いい会社をつくる」ということはできません。

コミュニケーションにもいろんな形のものがありますが、
Talknoteでは「共通の価値観が浸透した状態をつくる」ことを第一に考えています。

顧客と会い、話し、製品・サービスを顧客へと送り届け、
また、社内の仲間を支え続けるのも、すべて働く人たち。

その働く人たちが、

「何のためにこの仕事をしているのか」
「自分が担当した仕事の結果は会社の成果に繋がっているか」
「この仕事は社会のためになっているか、人の役にたっているか」

こういったことに対して、
「共通の価値観」をもって仕事をすることができれば、
会社はどんどん良くなると考えているからです。

いくらいいビジネスモデルがあっても、いくら資金があっても、
結局ここが出来ていなければ会社はなかなかうまくいかず、

しかし「共通の価値観」さえ浸透していれば、
ビジネスモデルはどんどんブラッシュアップされ、
事業も成長し、必要であれば資金も集まる。

全社員が共通の価値観を持って、仲間と協力し合って同じ方向に進んでいく。
顧客のため、そして自分の人生を豊かにするべく楽しみながら仕事ができる。

働いている人がハッピーになることによって、
会社がもっとハッピーになる。

そんな会社をひとつでも多く作り出すこと。
それが私たちTalknoteが目指すものです。

「共通の価値観が浸透したいい会社をつくる」Talknote。
これからもよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年04月05日 | 18:25

アップデートのお知らせ

 
ログイン後画面をアップデートしました。

『よりシンプルに、より使いやすく』
を目指し、UIは変えず、UX(ユーザー体験)のみをブラッシュアップした形で、

①200%の高速化を実現。
②エンターではなくボタンでコメントを投稿する形に。
③長文は折り畳んで表示。
④グループメンバー選択がFacebookと同じくらい使いやすく。
⑤「もっと見る」をなくし、振り切りで古い投稿を表示するように。
⑥登録メンバーの表示を社内で人気のあるユーザー順に。

など、その他30以上の改善を行いました。

今後もTalknoteは、社内SNSとして最高のユーザー体験を追求していきます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年01月12日 | 17:42

セーフセクション、安部社長のツイート

 

皆さん、あけましておめでとうございます。

年明け早々、
嬉しいツイートをいただきましたのでご紹介させてください。

「Talknote導入は今までで一番の改革になるような気がする。
おそらく1年後にはTalknoteなしの仕事は考えられないだろう。」


こちらのツイートをしていただいたのは、
セーフセクションの安部社長。

「おじいちゃん、おばあちゃんが、笑って暮らせる日本をつくろう。」
がコンセプトの「HELP MAN JAPAN」にて、「次代の介護を創る48人」として紹介されています。


安部社長、
今後ともトークノートをよろしくお願いします!

http://talknote.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2012年09月03日 | 17:22

トークノートはノウハウが共有でき、心をひとつに絆を深める。

 

史上最年少で東証一部に上場されたネクシィーズの近藤社長がブログにTalknoteのことを!!

Talknoteを使って「全社員で志、ノウハウを共有できて、絆を深めることができている」なんて、
こんなに嬉しいことはありません(泣)

近藤社長、ありがとうございます!

以下、近藤社長のブログを転載させていただいています。
——————————————————————————————————————————
「トークノートはノウハウが共有でき、心をひとつに絆を深める。」

 
下記は、社内限定SNS、
トークノートにて僕が全社員へメッセージした、
業績をテーマにした内容の抜粋です。
――――――――――――――――――

皆、9月に入ったゾ。
決算(1年間)の締めくくりラストの月だ。

この月の数字は来期に繋がる
我々の実力値ともいえるだろう。
全員、自分は最高の仕事をしたと
胸をはれる月にしろよ。

それさえ繰り返せば、大成功する。
営業部は最高記録を更新しながらノッている。
あとは黒字の額を増やすだけだ。
それがお前たちの更なる
ステージやチャンス、給料にも反映する。
俺達には夢も希望もある。
またまだ夢の途中だ。

皆、オールネクシィーズの第1目標は、
連結売上100億円。利益10億円。
そして時価総額100億円だ。
ここでのんびり構えたらもったいない。
来期、キセキを起こそう。

まずはそこが
新たなネクシィーズ伝説の始まり(第3創業期)だ。
今はまだ第2創業期。

このタイミングでの経験は金では買えん!
過去の時価総額900億円を超える、
1000億円を達成させるまで、
俺はくやしくてたまらんのだ。

俺にとっては、そこがスタートライン。
我々には夢を叶える情熱と能力がある。
力を合わせて頑張ろう!
――――――――――――――――

僕は、こうして部下に思いの丈を
ダイレクトにメッセージしていますが、
日々、社員たち(グループ全体、全部署)が、
自分の思いや考え、お客様にとってもっと良い
サービスにするにはどうしたらよいか!
上手くいったノウハウなどをリアルタイムに
書き込んでいます。

当社にとって、サービスの向上や業績向上の
ひとつの要因といえるツールになりました。
社内SNS、トークノート は、
社員全員で志や成功ノウハウが共有でき、
絆を深めますので、
経営者の方々にオススメです(^^)

——————————————————————————————————————————

トークノートはノウハウが共有でき、心をひとつに絆を深める。
http://ameblo.jp/kondotakami/entry-11345011228.html

株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長
近藤 太香巳

19歳の時、50万円を元手に会社を創業。
34歳でナスダック・ジャパン(現 ジャスダック)へ株式上場を果たし、その後37歳にして2004年当時、最年少創業社長として東証一部上場を実現。
プロモーション&マーケティングを駆使したビジネスモデルで、衛星放送やブロードバンドサービスを普及させ、現在は自社ブランドによるインターネット接続 サービス「Nexyz.BB」や旅行ウェブマガジン「旅色」といった芸能コンテンツ、さらには伝統文化の教育を行うハクビ総合学院まで幅広く事業を手がけ、グループ14社にまで成長。常に新たな分野へ挑戦し続けている。
また、早稲田大学や東京大学、一橋大学などでの講演活動も積極的に行い若者の心を持ち前の情熱でリードしている。
JAPAN VENTUREAWARD 2006 最高位経済産業大臣賞受賞。

このエントリーをはてなブックマークに追加