NEWS

  • 2011年01月01日 | 00:12

Talknote活用法『◯◯エリア』グループ

複数拠点、複数店舗をもつ企業様では、拠点や店舗を越えてコミュニケーションは取れていますか?

拠点・店舗の成果最大化ではなく、会社としての成果最大化に向けての情報共有は行えていますか?


『◯◯エリア』グループをつくって
拠点や店舗を超えたエリアでコミュニケーションを行えるようになれば、各拠点や各店舗だけでは解決できない問題も解決できるようになります。


例えば、ある店舗での課題を共有することで、同じ悩みに直面していた店舗の知恵を集めることができます。

12_◯◯エリア_01_新UI



例えば、これまで個別に調整していたスタッフのヘルプ調整なども効率的に行えるようになります。

12_◯◯エリア_02_新UI


いかがでしょうか?

拠点や店舗の壁を越えて、手軽にコミュニケーションを行えるようになれば、1つの拠点や店舗では解決が難しかった問題も解決できるようになりませんか?



複数拠点、複数店舗を持つ企業様は
ぜひ『◯◯エリア』グループを作成して、運用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加