NEWS

  • 2017年05月24日 | 08:00

【グループ会社間でのシナジー効果を最大化】卵明舎とメルシーが社内SNS「Talknote」を導入。

昭和57年設立の鶏卵の生産販売を行う有限会社卵明舎と、卵明舎で生産された卵を使ったケーキやお菓子を製造販売する有限会社メルシーが社内SNS「Talknote」を導入しました。

【導入前の課題】
・養鶏場の「卵明舎」、その卵を使用した洋菓子を販売する「メルシー」は同じグループ会社でありながら、会社間での情報共有の量が乏しく、連携が取れていませんでした。
・依頼や発注処理の有無など口頭で行っていました。そのため、依頼の完了/発注対応の報告など共有すべき情報の抜け漏れや重複報告などが発生していました。

【Talknoteを選んだ理由】
・拠点や部署が異なるメンバー同士でも、顔やプロフィールがわかり、対面の機会が少ないメンバーも身近に感じることができる点。
・スマートフォンやタブレットでの操作性に優れている点。
・既読者/未読者の表示やタスクの管理など、業務上のコミュニケーションに必要な機能が搭載されている点。

【導入によって期待すること】
・グループ内での情報共有を一気通貫させ、連絡をスムーズにすることで「卵明舎」と「メルシー」との間のシナジー効果を最大化させていきたい。
・社内SNS上で依頼や発注などの情報を共有することによって、仕事の抜け漏れや重複を避け、業務を効率化させていきたい。

卵明舎、メルシーがご利用する
社内SNS「Tallknote」の1ヶ月無料トライアル


 

このエントリーをはてなブックマークに追加