NEWS

  • 2017年05月25日 | 08:00

【プロジェクト管理をもっとシンプルに】ソーラーシティジャパンが社内SNS「Talknote」を導入。

太陽光発電システムに関する幅広いサービスを展開しているソーラーシティジャパン株式会社が社内SNS「Talknote」の利用を開始しました。
 

【導入前の課題】

1、プロジェクトの進捗管理
設立3年目になり、社員数・拠点の拡大に伴いプロジェクトの数も増え、プロジェクトの進捗が把握しづらい状況になっていました。またTalknote導入前は、LINEとメールを併用していたために、情報が分散していました。そのため、担当者に直接進捗を確認して、都度報告をさせており、業務フローに無駄が発生していました。

2、業務依頼の管理
業務依頼をする際、依頼する側も、された側も双方で業務の管理ができていませんでした。実際に、全社向けの依頼業務の期日を守らない社員が若干名おり、その社員へのリマインドも非常に煩雑なものでした。
 

【Talknoteに決めたポイント】

・プロジェクト管理や業務管理の機能(タスク機能)が他社サービスに比べて優れている点

・専任コンサルタントが社内SNSの浸透の伴走をしてくれる点
(運用面でしっかりとツールの浸透ができるか心配していましたが、安心してTalknoteに決めました。)
 

【期待する効果】

・LINEとメールからTalknoteに一本化することで、プロジェクトの進捗管理を簡略化し、報告フローにおける無駄をなくすこと

・情報をナレッジとしてTalknoteに蓄積することで、後から入社した社員が過去の社内情報を閲覧できるようになること。
(メールの場合、後追いでプロジェクトに参加するとなると、そのプロジェクトに関連するメールを全て転送しなくてはいけませんが、Talknoteであれば、プロジェクト毎にグループにありますので、転送などの煩雑な業務をする必要はありません。)

・部署間の繋がりを強化していくこと

・Talknoteのタスク機能を利用し、業務管理をシンプルにすること
 

【関連事例】

「情報伝達のスピードが3倍になり、プロジェクト推進が円滑に」
(トリドールホールディングス / 丸亀製麺)
https://talknote.com/case/index.php?num=035

このエントリーをはてなブックマークに追加