新着情報

  • 2016年09月14日 | 08:00

社内SNS「Talknote」が感謝・賞賛の気持ちを伝えあう「サンクス機能」の提供を開始 ~社員のモチベーションアップや理念浸透に一役 日々のコミュニケーションデータの可視化で人事評価への活用も可能に~

トークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、社内SNS「Talknote」(http:// talknote.com)の新機能として、社員同士で気軽に感謝・賞賛を伝えあうことができる「サンクス機能」の提供を開始します。

コミュニケーションツールに、感謝しあう、褒め合う仕組みを取り入れることで、社員のモチベーションアップの 後押しをします。各企業の理念や行動規範などをサンクスの項目として設定できるため、理念浸透を促すことも可 能です。また、日々の業務を影で支える価値ある取り組みなど、これまで管理者の目が届きにくく、可視化が難しかった行動もデータとして蓄積できるため人事評価への活用が可能となります。
サンクス機能①

【背景】
現在、「サンクスカード」といった制度を手書きのカードで運用している企業は多くありますが、以下のような課題を抱えています。

①手書きの負荷が大きい
手書きで書くと時間がかかってしまい、限られた時間で多く書くことができないということやカードを渡したかったが書く時間を取れず渡せなかったということが起きている。

②全体への共有が難しい 個別にカードを渡す運用のため、社員のどのような行動が評価されているのか周囲にわかりにくく、理念や行動規範の浸透に繋がりにくい。

③データの集計や蓄積がしにくい
集計に手間がかかり、データの蓄積がしにくいため人事評価などへの活用がしにくい。
手書きのカードをweb化することで運用の手間が軽減され、より効果的なコミュニケーションが実現すると考えています。

【サンクス機能とは】
Talknoteのグループ上で、感謝・賞賛したい相手と項目を指定し、メッセージを添えてサンクスを贈ることができます。贈ったサンクスはグループへ投稿され、グループ内の他のメンバー全員にも共有されます。感謝・賞賛を 全員で共有することで良い行動を他のメンバーも認識でき、贈られたメンバーのモチベーションアップが見込ま れます。今まで贈ったサンクスや贈られたサンクスは個人のプロフィール上で確認できるほか、管理者は社員全員のサンクスを一覧でみることができます。また、理念や行動規範に沿った行動を浸透しやすくするため、サンクスの項目は企業ごとに自由に設定することができます。
サンクス機能②

【今後に関して】
Talknoteを利用することで従業員満足度の向上や離職率低減につながる機能を開発していきます。また、2015年10月にリリースしたTalknoteに蓄積されたコミュニケーションデータを解析する事で社員のコンディション変化を早期に発見できるアクションリズム解析では、事前に把握したデータをもとに社員のフォローするなどの一定の 成果が出ています。今回のサンクス機能も含めて、今後は日々の業務で蓄積されるコミュニケーションデータを利 用して、今まで見えにくかった部分を可視化する機能開発もしていく予定です。

トークノートは、共通の価値観が浸透したいい会社をつくるというコンセプトのもと、社内コミュニケーションを活性化・効率化するためのサービス開発、提案を継続していきます。

[PDF]社内SNS「Talknote」が感謝・賞賛の気持ちを伝えあう「サンクス機能」の提供を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年09月12日 | 08:00

『AERA』にてTalknoteが紹介されました。

2016年9月12日発売の『AERA』の「職員会議も農作業も、医療の現場もSNSで変わる!」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

職員室の風景が、昨年12月にトークノートを導入して一変したという。職員会議の資料は、事前にSNS上に流す。事務連絡や報告はもちろん、教職員同士の情報共有にも使えるため、職員会議では事務連絡の時間が短くなり、新しい授業の事例紹介や質疑応答など、本来の教育指導に活用できる議論の場に変わったという。

引用:『AERA』 (2016年9月19日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年09月12日 | 08:00

朝日新聞出版のニュース・情報サイト『dot.』にてTalknoteが紹介されました。

2016年9月12日の『dot.』の職員会議も農作業も、医療の現場もSNSで変わる!」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

職員室の風景が、昨年12月にトークノートを導入して一変したという。職員会議の資料は、事前にSNS上に流す。事務連絡や報告はもちろん、教職員同士の情報共有にも使えるため、職員会議では事務連絡の時間が短くなり、新しい授業の事例紹介や質疑応答など、本来の教育指導に活用できる議論の場に変わったという。

引用:dot.

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年08月26日 | 12:02

【10社限定】飲食業界向け セミナー付き交流会 〜成長飲食企業の情報共有ノウハウを大公開!〜

wp_user_image ver02.001

「丸亀製麺」を運営するトリドール、「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーなど大手飲食企業が利用中の国内No.1社内SNS「Talknote」が飲食業界限定のセミナー付きの交流会を実施します。

本交流会は、ゲストに実際にトークノートをご利用いただいている企業の運用担当者、活用担当者様をお招きし、店舗運営における円滑な情報共有ノウハウをセミナーで語っていただきます。加えて、Talknoteを利用中の飲食企業であるトリドール様、エー・ピーカンパニー様などが行っている情報共有事例もご紹介します!

Talknoteご利用中でなくても、社内コミュニケーションツールを検討、情報収集中の企業様も参加可能です。

お酒を酌み交わしながら、業界内で情報交換できるチャンスですので、ぜひ、ご参加していただければと思います。

こんな課題をお持ちの飲食企業様にオススメ!

  • 「本部 ー 店舗」「店舗 ー 店舗」間で円滑な情報共有ができていない
  • 現場で起こっている問題点が見えにくい
  • サービスの質が店舗によって異なっている
  • 報告や会議の時間が長い

■開催日時

2016年9月6日(火) 17:00〜19:30 (受付開始 16:45)※応募締切 9月5日(月)19:00

お申込みはこちら

■当日の流れ

16:45~ 受付
17:00~17:05 主催者よりご挨拶
トークノート株式会社 セールス&マーケティング 熊谷祐介
17:05~17:30 店舗運営における情報共有の重要性
トークノート株式会社 セールス&マーケティング 和田郁未
17:30~18:10 成長を続ける飲食企業の情報共有ノウハウ大公開
株式会社一家ダイニングプロジェクト 様
18:10~18:20 休憩(10分)
18:20~19:30 飲食業界 懇親会
軽いお食事とお酒を用意しております。

※構成が変更となる場合もございます。予めご了承ください。

 

■セミナー概要

開催日時 2016年9月6日(火) 17:00~19:30 ※途中参加も可能です
場所 〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル4F
トークノート株式会社 ミーティングスペース
https://goo.gl/maps/6Sm8zkMTyUv
アクセス 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」6番出口徒歩1分
参加費 無料
定員 10社(※1企業1名様でお願いします)
応募者数が定員を超えた場合は先着10社で締め切りとさせていただきます。
予めご了承ください。
対象 店舗運営を行っている飲食企業様のみ
備考 当日は、名刺をお持ちください。
問い合わせ トークノート株式会社
マーケティング部 セールス&サポートグループ
TEL:03-6447-0096
Mail: support@talknote.com

 

お申込みはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年08月19日 | 08:00

日経BP社が運営する『ITpro』にてTalknoteが紹介されました。

2016年8月19日にリリースされた『ITpro』の「チャット導入事例2:商品陳列ノウハウ共有、法律相談、外食店と食材生産者の交流」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、エー・ピーカンパニー様のTalknote活用法が記載されています。
株式会社エー・ピーカンパニーは塚田農場、四十八漁場など全15業態203店舗(2016年5月23日現在)を運営。養鶏場や漁船を保有し、生産から料理の提供までの全てを自社で行っています。

「従業員や取引先の仕事満足度が顧客満足度につながる、という当社の経営理念の実現につながっている」とチャットソフトを評価する。

引用:Itpro

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年07月21日 | 08:00

『毎日新聞』にてTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年7月21日の『毎日新聞』の「ルールを決めてSNS活用」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

企業が内部連絡で使うSNSで、外部の不特定多数からは見られず、発言は学校側で管理できる。

引用:毎日新聞(2016.7.21)

このエントリーをはてなブックマークに追加