新着情報

  • 2011年01月01日 | 00:10

Talknote活用法『◯◯の意見が聞きたい』グループ

本部と各店舗のコミュニケーションはとれていますか?

現場に聞きたい事があっても、へんに遠慮したり、面倒だからと聞かずに済ませてしまうことはありませんか?


『◯◯の意見が聞きたい』グループがあれば、
遠慮して聞かなかったり、面倒だから確認しないといった事を大分減らすことが可能です。

10_◯◯の意見が聞きたい_01_新UI10_◯◯の意見が聞きたい_02_新UI

このように
手軽に現場店舗へ質問することが可能になります。さらに、コメント形式なのでメールよりも返事をもらえることが増えてコミュニケーションが活性化します。




10_◯◯の意見が聞きたい_03_新UI

上図のように『営業の意見が聞きたい』などのグループをつくったら
営業と他部門のコミュニケーションが活性化されるイメージがわいてきませんか?


「本部と店舗」、「間接部門と直接部門」、「製造/開発部門と営業部門」のコミュニケーションを活性化させるためにも、ぜひ『◯◯の意見が聞きたい』グループを作成してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:09

Talknote活用法『◯◯からのお知らせ』グループ

経理・総務、人事・広報などの間接部門は社内向けの発信が多いと思いますが、どのように情報発信をされていますか?

情報発信した後、社員が発信した情報を確認したか不安に思うことはありませんか?


『◯◯からのお知らせ』グループがあれば、
特定の部門から全社員への発信が手軽に行えるようになります。


例えば、下図のように管理部門から全社へ一斉案内するシーンで活用いただけます。

09_◯◯からのお知らせ_01_新UI



発信した情報の既読者と未読者が一目で分かるので、送った後に、ちゃんと確認してくれたかと不安に思うこともなくなります。

09_◯◯からのお知らせ_02_新UI


いかがでしょうか?

『◯◯からのお知らせ』があれば、効率的に情報発信が行えそうではありませんか?



ぜひ『◯◯からのお知らせ』グループを作成してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:08

Talknote活用法『競合・業界情報』グループ

競合・業界情報を把握している/していないかによって仕事の進め方は変わりませんか?

競合・業界情報を社内に共有する仕組みはありますか?

競合・業界の動きをふまえて、臨機応変に対応できていますか?


『競合・業界情報』グループがあれば、
手軽に競合・業界情報を共有できるようになり、全社員が競合・業界情報を把握したうえで仕事を進められるようになります。

SNSの手軽さから、「自社にとってインパクトの大きい情報」から「競合企業のちょっとした動き」まで共有されるようになります。

08_競合・業界情報_01_新UI


情報共有から、新しい取り組みが生まれるきっかけも増えると思います。

08_競合・業界情報_02_新UI


いかがでしょうか?

競合・業界情報が手軽に全社員に共有できるようなり、競合・業界情報を把握している社員が増えたら、仕事の進め方は改善されそうではありませんか?

ぜひ『競合・業界情報』グループを作成して、試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:07

Talknote活用法『人事情報』グループ

人事異動情報は社員へどのようにされていますか?

メールでの共有しょうか?



例えば、人事異動情報のように定期的に発生することは専用グループで共有することをオススメします。専用グループで共有することにより、情報が整理されます。その結果、後で簡単に過去の情報を見返すことができるようになります。

07_人事情報_01_新UI07_人事情報_02_新UI


人事情報に限らず、定期的に発生することは、
専用のグループを作成して、運用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:06

Talknote活用法『PR情報』グループ

自社のプレスリリース情報やメディア掲載情報はどのように社員へ共有されていますか?

プレスリリース情報は自社Webサイトにまとめられていても、メディア掲載情報はまとめられていないなどの問題はありませんか?


『PR情報』グループをつくって、
プレスリリース情報やメディア掲載情報を投稿するようにすれば、タイムリーに社員へ共有され、またその情報は蓄積されていきます。

06_PR情報_01_新UI


自社ニュースがタイムリーに社員へ共有されたらいかがでしょうか?
全員が同じ情報をもったらプラスに働きませんか?

06_PR情報_02_新UI


ぜひ、『PR情報』グループをつくって、自社ニュースをタイムリーに社内へ発信してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年01月01日 | 00:05

Talknote活用法『◯◯方法の共有』グループ

チーム内、部署内、会社内で特定の業務毎に情報共有方法は決まっていますか?

決まっていても共有方法が複雑だったりして手間だったりしませんか?

手間なので、情報共有があまりされないといったことはありませんか?


『◯◯方法の共有』グループがあれば
手軽に情報共有が行えるため、情報共有が活性化されます。また、共有された情報は全て蓄積されるため、後から簡単に見返すことができます。


例えば、『営業テクニックの共有』グループをつくれば、
トップセールスの手法を営業チーム全体に共有することで営業力強化につなげられるでしょう。

05_◯◯方法の共有_01_新UI


具体的な手法だけでなく、参考になる書籍やWeb記事の共有なども手軽に行えます。

05_◯◯方法の共有_02_新UI


いかがでしょうか?

特定業務の手法などを手軽に共有できるようになったら、業務の質やスピードが向上されませんか?



業務の質やスピードを改善するために、
ぜひ『◯◯方法の共有』グループを作成して、たくさん情報共有してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加