新着情報

  • 2016年12月01日 | 08:00

『戦略経営者』にてTalknoteが紹介されました。

2016年12月に発刊された『戦略経営者』の「特集ー縦割りの壁をなくせ」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である菊池建設様のTalknote活用法が記載されています。
菊池建設株式会社は昭和45年創業の総合建設会社で、中高層ビル・マンションの設計、施工を主軸に事業を推進しています。

社内SNSの投稿を読んで、ほかの現場の社員も頑張っていることを知り、同じ会社の仲間としてのシンパシー(共感)を感じる社員も増えていった。これまであった「現場単位の壁」は、今では完全に取り除かれている。

引用:戦略経営者(2016.12)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年11月25日 | 18:00

『日本経済新聞』にてTalknoteが紹介されました。

2016年11月25日の『日本経済新聞』の「SNSとイイ関係 育む」という記事において、Talknoteが紹介されました。記事では、ご利用企業である聖徳学園中学校・高等学校様でのTalknote活用法が記載されています。
聖徳学園中学校・高等学校は、昭和2年設立の学校法人で、中学校、高等学校合わせて800名以上、教職員が100名以上在籍しています。ICT教育に力を入れていて、配布されているタブレットを活用し、授業をクリエイティブに行っています。

「事務的な連絡をSNSで行うことで、生徒は膝をつき合わせたときに、より密度の濃い会話ができるようになるはずだ」と期待を込めている。

引用:日本経済新聞(2016.11.25 夕刊)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年11月24日 | 08:00

『CNET Japan』にTalknoteの新機能が紹介されました。

2016年11月24日にリリースされた『CNET Japan』の「社内SNS「Talknote」、組織力を高める新機能を識学と共同開発」という記事において、Talknoteの新機能である「利用ワードモニタリング」と「コミュ二ケーションラインモニタリング」が紹介されました。これらの機能は、組織コンサルティング会社である株式会社 識学との共同して開発されました。

コミュニケーションラインモニタリングは、誰と誰がどの程度コミュニケーションしているのかがわかる機能。上司と部下、同じ部門内のメンバー同士や仕事で関係のある他部門のメンバーなど、担当業務、職位や職種に応じて必要な人とコミュニケーションを取れているかが定量情報として可視化され、改善のアプローチが可能になる。

引用:CNET Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加